5月7日(日)は信州新町ライオンズ旗争奪少年野球大会に参加してきました。
3月からの合同チーム結成のため、他チームから大きく後れをとってきましたが、4月下旬の軟連の大会あたりから、選手個々の適正判断や、選手間のコミュニケーションがあがり、チーム力が急速に上向いてきました。
なによりも6年生がやる気になってきました。
そろそろ自信をつけられるような良い試合がしたいところです。

1回戦は地元、信州新町少年野球さんです。
初回トモキが二者連続奪三振で、素晴らしい立ち上がりを見せますが、3番にきれいなセンター前安打を許すと、連続四球で1点を献上します。
なおも満塁のピンチでしたが、代わったレイヤがなんとか後続を抑え最少失点で切り抜けました。
2回は三者凡退で相手打線を0点に抑えると、流れが一気にやってきます。

トップバッターがフォアボールのあと、大きな離塁でピッチャーにプレッシャーをかけ、連続四球をもらって1死二・三塁の好機。
ここでヒカルがレフトオーバーの2点タイムリー2塁打
一気に逆転です。

3回、相手の攻勢にあい同点とされますがレイヤが要所を締め1点で切り抜けました。
負けの無くなった最終回の攻撃はベンチもノリノリです。
タカヒロが四球で出塁し、ゼンキの安打で一・二塁とすると、ダブルスチールを決め一気にサヨナラのチャンス。
最後はユラの二遊間のセンター前安打でサヨナラ勝ち

新チームおよび大会初勝利です!6年生全員が要所要所で活躍しました。
大きな大きな嬉しい1勝となりました。
IMG_1105

■ 1回戦 5月7日(土) 信州新町Bグランド
  1 2 3 4 5 6 7 合計
信州新町少年野球 1 0 1     2
旭ヶ丘・日滝クラブ 0 2  1×     3
トモキ、レイヤーコウスケ




2回戦目の相手は牟礼トランザムです。
変則トーナメントのため、勝てば決勝進出、負ければ3位決定戦にも進めません。
経験値の足りないチームなので、なんとか勝って3試合やりたいところです。

1試合目に好投したレイヤが勢いに乗ってそのまま先発です。
期待に応えるかのように初回を0発進。
波に乗ったチームは一気に攻勢に出ます。
1、2番が出塁するとすかさずスチールで無死二・三塁のチャンス。
ここで3番ゼンキがレフトオーバーのツーベースヒット
2点を先制、さらに手を緩めることなく1点を追加して3点リードです。

その裏、2点を返されるも、スイッチしたゼンキが後続をおさえ、リードをたもったまま切り抜けます。
最終回、トップバッターにきれいにはじき返されますが、センターのヒデユキが好捕。
流れもこちらに傾き、後続をショートライナー、ショートゴロと打ち取り、この日2勝目をあげました!
見事決勝進出です!
IMG_1121
IMG_1123

■ 2回戦 5月7日(土) 信州新町Bグランド
  1 2 3 4 5 6 7 合計
牟礼トランザム 0 2 0     2
旭ヶ丘・日滝クラブ 3 0  ×     3
レイヤ、ゼンキーコウスケ





決勝戦は、この日3つ目の試合のため、力が残っていませんでした。
相手も強かったのですが、集中力が切れたバッテリーの、ワイルピッチとパスボールの嵐で大敗となりました。
しかし、対戦相手の緑ヶ丘少年野球部さんは2週間後の千曲川大会の初戦の相手でもあります。悔しさをバネに、すぐにリベンジしよう!
IMG_1130
IMG_1135
取りあえす準優勝おめでとう!良く頑張った。
さあ、春に負けた分の巻き返しはここからだ!

■ 決勝戦 5月7日(土) 信州新町Aグランド
  1 2 3 4 5 6 7 合計
旭ヶ丘・日滝クラブ 0 0     0
緑ヶ丘少年野球部 15       19
トモキ、ゼンキ、ユラ、レイヤ、ハヤトーコウスケ、ゼンキ