旭ヶ丘少年軟式野球クラブ

「旭ヶ丘少年軟式野球クラブ」は、 長野県須坂市の少年野球チームです。

2015年04月

29日(祝)はジュニアジャイアンツさんとの練習試合でした。
ジュニアジャイアンツさんは、昨年秋の新人戦、桐の里大会で準優勝の強豪チームです。
現在の力を測るにはもってこいの相手です。

IMG_0180
IMG_0179

初回、マヒロのセーフティーバントとゼンキの送りバンドがエラーとなり、無死2・3塁の好機を手にしますが、タカシのセンターフライの間に、飛び出しゲッツーとなりいきなり流れを手放します。
その裏、球の上ずるユウトが苦戦。
四球を連発すると、エラーが重なるという悪循環で逆転を許します。
さらに二回、この日コントロールが定まらないユウトが、悪い流れをひきずったまま、あっという間の6点献上でした。
三回、マヒロがなんとか0点に抑えると、最終回に1点を返すも及ばずゲームセット。

点差は離されましたが、積極的な離塁とベースランニングの状況判断、返球のカバリング、ゲームの流れをよんでのベースカバー、声の掛け合い、サインの徹底は、前回のカルチェ杯よりも少なからず成長の跡がうかがえました。
そしてなによりも打線に迫力が出てきました。
あとはチャンスに一本が出るようになれば、ゲームを支配できます。

■練習試合1試合目 旭ヶ丘小学校グラウンド
   1  2  3  4  5  6  7 合計
旭ヶ丘少年軟式野球クラブ 1  0  0 1 

  2 
ジュニアジャイアンツ 3  6 0 × 

  9 

ユウト、マヒロ-ライラ


第2試合。
初回から、調子のあがってきた打線が火を噴きます。
ユウトのセンター前タイムリーで2点を先制。
その裏3点取られ逆転されるも、すぐさま反撃。
連打連打で4点を挙げると、以降も打線が止まらず、4イニングで14得点をあげ、見事に打ち勝ちました。

さあ、いよいよ土曜日は学童の須高支部予選です。
この勢いで、高山クラブに練習試合の借りを返そう!

■練習試合2試合目 旭ヶ丘小学校グラウンド
   1  2  3  4  5  6  7 合計
旭ヶ丘少年軟式野球クラブ 2  4  5 3 

  14 
ジュニアジャイアンツ 3  1 0 5 

  9 

タカシ、シュウタ、マヒロ-ライラ

【この日の優秀プレー】ユウト(二打席連続のタイムリーヒット)、マヒロ(セーフティーバント成功)、ゼンキ(送りバント成功)

4月12日(日)カルチェ杯の3回戦が行われました。
今季初戦にして、2日目進出は立派です。

初回の攻撃は、三者凡退。
その裏、ショートフライとセンターフライで簡単に、二死を取りますが、フォアボールで出塁されると、二盗、三盗とかき混ぜられます。
今までの相手は、二盗まででしたので、守備がガタつきます。
普段できているプレーまで、ミスが多発しました。

二回表、フォアボールとシュウタのヒットで1死一・二塁と攻め立てますが、昨日のように、本塁憤死の走塁ミスと凡退でチャンスに得点できません。

二回裏も、初回同様、好き放題走られあっという間の七点献上でした。

相手チームとは力の差がないのに、ここまでの大差を広げられたのは、打つこと守ること、走ること全てのプレーにおいて準備が足りていなかったからです。
自分に球が飛んできて、どうすれば良いのか考えるのでは遅すぎます。

「味方がエラーするかもしれない」、「走ってくるかもしれない」と常に先を考えてプレーしてみよう!
もっと勝てるし、もっともっと野球が楽しくなるはずです。

まだまだ始まったばかり。がんばろう!



■カルチェ杯3回戦 犀川第一グラウンド
   1  2  3  4  5  6  7 合計
旭ヶ丘少年軟式野球クラブ 0  0  0  

  0 
裾花少年野球 2  7 ×  

  9 

ユウト、マヒロ-ライラ

【優秀プレー】トモキ(二度のセンターフライ捕球)、タカシ(ショートフライ捕球)、シュウタ(三塁線のヒット)、コウスケ(ランナーでのリード)


今シーズン、初公式戦、カルチェ杯を戦いました。

この大会はディフェンディングチャンピオンですので、開会式では優勝旗を返還いたしました。

とても誇らしい気持ちでした。今年卒団した現中学1年生のみんなありがとう。

再度、持ち帰りたいものです。

IMG_0159IMG_0160



1回戦は妙高高原マウントガッツさんです。

先発、ユウトが初回をセカンド牽制死2つで0点に抑えると、その裏、積極的に足をからめて4点先取します。

その後も、中押し、駄目押しと、点を重ね、ユウト、マヒロの完封リレーで9-0の完勝でしたが、ヒットが単発だったのがいけません。気がかりです。


■カルチェ杯1回戦 犀川第一グラウンド

   1  2  3  4  5  6  7 合計
妙高高原マウントガッツ 0  0  0  

  0 
旭ヶ丘少年軟式野球クラブ 4  1  4  

  9 

ユウト、マヒロ-ライラ
【マンオブザマッチ】ユウト




2回戦は、同じSLリーグ、サンズオブレオさんです。

今後のためにも、強い勝ち方をしたいところです。

初回、ユウトのスイッチが入らず、2点を先制されます。

その裏、フォアボールと足をからめて、ノーアウト満塁と攻め立てますが、その後3者が倒れ、無得点に終わります。

嫌な雰囲気が漂います。

2回、急にスイッチが入った、ユウトが2者連続三振の立ち上がりを見せますが、コントロールを乱し、二・三塁まで攻め立てられます。

急遽、代わったマヒロもいきなり、デッドボールを与え、満塁のピンチです、が、なんとか後続をピッチャーゴロに打ち取り、無得点で切り抜けます。

二回、ミノルのセンター前ヒットをきっかけに、1死二・三塁と再度、絶好の好機を作りますが、後が続きません。

パスボールの間に、本塁を突くもタッチアウト。無得点に終わりました。

三回の守りも、1死三塁から、ピッチャーゴロのフィールダスチョイスで1点を奪われ、追い詰められました。

試合自体はコチラが押しているので、このまま負けては悔しさだけが残ってしまいます。


ディフェンディングチャンピオン、意地の最終回の攻撃に入ります。


トップバッターのタカシが、フォアボールで出塁すると、ここまで当たりのでなかった四番ライラが、右中間にタイムリーツーベース。一気に攻勢に出ます。

パスボールと、フォアボールで一・三塁から、さらにパスボールで一点差!

ノーアウト二塁からさらにパスボールでチャンスを広げ、1死後、パスボールでついに同点

さらに二死ランナー無しから、今年から入団の五年生、トモキがライト前にヒットを打って、攻撃の手を緩めません。

ここで先程、ヒットをうっているミノルが一塁線に落ちる二塁打!

この間にトモキが一気に本塁まで生還して逆転サヨナラ勝ち


完全な負け試合をよくひっくり返しました。

昨年のチームのスピリットが、しっかりと今年のチームにも受け継がれていたようです。

明日からは、さらに相手のレベルが上がります。しっかりとした試合をしよう!

IMG_0161


■カルチェ杯2回戦 犀川第一グラウンド
   1  2  3  4  5  6  7 合計
サンズオブレオ 2  0  1  

  3 
旭ヶ丘少年軟式野球クラブ 0  0  4×  

  4 

ユウト、マヒロ-ライラ

【マンオブザマッチ】ミノル

このページのトップヘ