旭ヶ丘少年軟式野球クラブ

「旭ヶ丘少年軟式野球クラブ」は、 長野県須坂市の少年野球チームです。

2015年05月

5月24日は少年軟式野球井上クラブさんと練習試合でした。
井上小学校のグランドをお借りし、きれいに整備された中でプレーさせてもらいました。
井上クラブさん、ありがとうございました。

さて井上さんは、SLジュニア時代に一緒にやってきた仲ですので、絶対負けられない相手です。

1試合目
初回、簡単に2アウトを取られますが、連続の三振振り逃げで4点を先制します。
しかしその裏、ユウトもストライクが入らず苦しみます。
フォアボールの連発で1打同点の場面まで、攻め込まれますがなんとか踏ん張ります。
この辺りは多少、進歩の跡がみられます。ヨシヨシ。
両チームとも、初回は痛み分けでした。。。

試合が落ち着いた2回以降は、完全に主導権を握ります。
ホームランラインが引かれていたため、2塁打止まりとなりましたが、
6本の長打を浴びせ、守ってもユウトが危なげない投球でした。
なにより、守備での球際の強さや連携プレー、リードを含めた走塁は
4月初め頃に比べ、格段に良くなりました◎。
見てても野球になっています。この調子で頑張ろう!


2試合目
マヒロが先発です。
3回2死まで安定した投球をしましたが、突然乱れました。
四死球が止まらず、2死ランナー無しから、あっという間の8点献上です。
あとで本人に聞くと、球が滑ったようです。
早くいえよ…。

練習試合で良かったですが、野球はこんな負け方もあるので十分気をつけよう。


練習試合1試合目 井上小学校
 1234567合計
旭ヶ丘少年軟式野球クラブ 4 3 0 1    8
少年軟式野球井上クラブ 2 0 12    5

ユウト、シュウターライラ

練習試合2試合目 井上小学校
 1234567合計
少年軟式野球井上クラブ 0 1 8     9
旭ヶ丘少年軟式野球クラブ 0 1 0    1

マヒロ、タカシーライラ

【優秀プレー】ライラ(4番の仕事とベースランニング)

次の通り、旭ヶ丘少年軟式野球クラブ体験練習・見学会を開催します。

お友達やご兄弟を誘って、ご都合の良い日にぜひ参加してください!


◎日時  平成27年5月16日()13:00~
       平成27年5月17日()13:00~
       平成27年5月23日()13:00~
◎場所  旭ヶ丘小学校グランド
◎対象  新1年生~新6年生の男女(学校は問いません)
◎持ち物 グローブ(持っていない方はお貸しします)・帽子・水筒
◎服装  動きやすい服装・運動靴

予約等は不要です。直接グランドにお越しください。

※入部・体験練習・見学は随時受け付けております。

詳細のお問い合わせは、丸山までお気軽にご連絡をお願いします。
 電話 090-3207-1334


※追記 【5月17日 21:53】
16日(土)には、ショウメイ君(5年)が、体験・見学に訪れてくれました。
このまま入団の運びとなりそうです。新しい仲間が増え、団員一同とてもうれしいです。

来週の土曜日も、一人でも多くの見学者が来てくれたらいいですね。

IMG_0017
IMG_0026

9日(土)はスポーツ少年団北信地区交流大会が小布施を会場に行われました。
1回戦の相手は育成会若槻クラブさんです。

初回、ヒロトの2度のファインプレーで2アウトまでこぎつけますが、フォアボールとヒットで1点をとられます。
さらに2死満塁のピンチでしたがなんとか最小失点で抑えました。

2回も1点を取られますが、同じく2死満塁をマヒロがなんとか抑えます。試合運びにも粘りが出てきました。

こうなると攻撃にもツキが回ってきます。

ミノルの振り逃げ三振と相手の敵失で始まった攻撃は、相手の敵失がらみで1点を返し、さらにタカシの3塁強襲のヒットで二人が生還し逆転します。

最終回はフォアボールで自滅する形で逆転負けとなりましたが、少しづつ勝とうとする気持ちが伝わってきました。
とくに、守備でボールを追いかける時の、球際の諦めの悪さ(良い意味で)が出てきました。

あとは、ユウトが「0ボール2ストライクからフォアボール」、「2死ランナー無しから失点」、が無くなれば良いなぁ。


スポーツ少年団北信地区交流大会1回戦 小布施町営グラウンド
 1234567合計
旭ヶ丘少年軟式野球クラブ 0 0 3     3
育成会若槻クラブ 1 1 2×     4

ユウト、マヒロ、シュウターライラ

【優秀プレー】ヒロト(3度のセカンドゴロ処理)、コウスケ(レフトフライ捕球-練習試合-)

試合に勝とうとする気持ちが足りません。

なんとなく打って、なんとなく走って、なんとなく投げているから、簡単に後ろにボールを逸らしたり、なんでもないところで暴投し、次の塁を狙えないのです。
本気で試合に勝とうとする気持ちがあれば、自然に声が出て、一つ一つのプレーを必死に、大事に、こなすはずです。

大会運営者、審判団、そしてなにより、朝早くから朝食をつくり、きれいなユニフォームで試合に送り出してくれたお母さん、会場までの送り迎え、グランド整備、荷物運び、ボールボーイをしてくれたお父さん…、数多くの人たちの支えがあるからこそ、立派な舞台で試合をさせてもらえるのです。

感謝の気持ちを持って、応援してくれる方々にも伝わるようなプレーで応えよう!

君たちなら、もっともっと勝てる。

IMG_0181
IMG_0182


■(三つ巴戦)1試合目 須坂市営野球場

   1    2    3    4      5     6    7     合計  
高山クラブ246  12
旭ヶ丘少年軟式野球クラブ1 00 
 1

ユウト、マヒロ-ライラ


■(三つ巴戦)2試合目 須坂市営野球場
   1    2    3    4      5     6    7     合計  
日野少年軟式野球クラブ02010 3
旭ヶ丘少年軟式野球クラブ2 120 × 5

マヒロ、タカシ、シュウタ-ライラ

このページのトップヘ