旭ヶ丘少年軟式野球クラブ

「旭ヶ丘少年軟式野球クラブ」は、 長野県須坂市の少年野球チームです。

2016年06月

6月26日(日)、土曜日が雨で延期となり、1日遅れの大会となりました。
例年、カルチェ杯小学校対抗大会は比較的相性が良い大会です。

1回戦の相手は、妙高高原北小学校でした。
先発のユラが、四球から崩れる悪いパターンで、被安打0で4点を献上します。
その裏の攻撃も、ユラのヒットで二死2塁のチャンスを作りますが走塁のまずさで点が奪えません。

2回、先頭のバッターに死球を与えたところでトモキにスイッチ。
四球とワイルドピッチで2点を奪われるものの、まずまずのピッチング。
3回も0点に抑え、打者との駆け引きが上達してきた感があります。

打線も2回にレイヤ、3回にゼンキの安打が飛び出しますが、そのあとが続かず完封負けです。
安打数は相手が0本、こちらが3本放つも、結果は0対6での敗戦です。

勝てる相手にもミスミスチャンスを逃し自滅しています。
どうしたら勝利の流れにもっていけるか、選手個々考えてプレーしよう。

IMG_0275
IMG_0274
■ 1回戦 6月26日(日) 犀川グランドD 
 1234567合計
妙高高原北小学校420  6
豊洲・旭ヶ丘・日滝小学校000  0
ユラ、トモキータカヒロ



相手にいかにプレッシャーをかけるかという課題を課して挑んだフレンドリーシップ戦。
先頭バッターのゼンキが粘って四球で出塁すると、すかさず二盗三盗。
タカヒロの内野ゴロの間に、あっという間に先制点です。
その後、徹底した1ストライクからの攻撃で、相手ピッチャーと内野陣を揺さぶります。
制球の安定しない相手投手と、甘く入ったストライクを逃さず捉える打撃で1イニング14点の猛攻でした。
なによりも2イニング目に代わった制球のよいピッチャーからも、同じ攻めで1点奪えたのが大きな進歩です。

守っては、初回、5年生のタカヒロが制球良く投げ、ヒット1本打たれるも内野ゴロ3つで0点に抑えます。
2回は4年生のハヤト、5年生のユウタが公式戦初登板。
互いに制球に苦しみ、合わせて6点を奪われますが、今後の貴重な経験となりました。

どうしたら勝てる試合運びになるのか、個々何をしたらチームに貢献できるかをしっかり学べた試合となりました。

とりあえず久しぶりの公式戦勝利おめでとう!
IMG_0276
IMG_0277
IMG_0273
■ フレンドリーシップ戦 6月26日(日) 犀川グランドD 
 1234567合計
豊洲・旭ヶ丘・日滝小学校141  15
戸隠小学校・グリーンヒルズ06  6
タカヒロ、ハヤト、ユウターゼンキ

6月11日(土)、北信州少年野球大会に出場してきました。
初回の守りを、珍しく3人で抑えると、その裏すかさず1点を先行します。
が、よかったのはここまで。
2回からは四球、盗塁、ワイルドピッチが繰り返しの悪循環の守り。
バッテリーが成長してくれるしかありません。

■ 1回戦 6月11日(土) 中野市営球場
 1234567合計
平野オリオンズ047  11
旭ヶ丘・日滝クラブ101  2
トモキ、ユラ、レイヤーコウスケ

5月29日(日)は須坂市スポーツ少年団春季交流戦でした。
これから1年間あたるSLチームとの対戦ですので良い試合がしたいところです。

1試合目の相手は、日野と森上さんの4年生以下の連合チームでした。
この両チームは来年から連合でやられるのでしょうか?
どこのチームも選手が少なくなってきてますねぇ。
うちも来年以降を見据えたチームですので、絶対に負けられません。
IMG_1154

初回、五年生、先発タカヒロが三者凡退できっちり抑えます。
ボール球がほとんどありませんでした。
ナイスピッチング!
その裏、5年生以下で構成された先発メンバーが四球と盗塁で攻撃をかけます。
走塁できっちりプレッシャーをかけ得点に結び付け、11点目を取ったところで1死ながら特別ルールでチェンジとなります。
IMG_1155

守っても、タカヒロは1四球出しただけの4イニングをノーヒットノーラン。
今後A戦でも出番がありそうです。
また、攻撃陣は走塁面でも良い練習になったと思いますが、ヒット性のあたりが少なかったのが課題です。
IMG_1161

■ 5月29日(日) 県民運動広場Bグランド
 1234567合計
森上・日野クラブJr0000  0
旭ヶ丘・日滝クラブ11×1 3×  15
タカヒローコウスケ



2試合目の相手は、日野クラブさんです。
春の軟連の大会ではコールドで負けしていますので、雪辱したいところです。

先発トモキが初回、簡単に2死をとるもフォアボールと盗塁とワイルドピッチで1点を献上します。
この辺りのトモキの悪い癖がまだ治りません。
しかしその裏、打線が奮起しユラ、レイヤの連打と、ユウタのヒットで1死満塁。
が、そのあとが続きません。
結局、スクイズ失敗を含めワイルドピッチで1点取ったのみに終わってしまいました。

今シーズン最長の3イニング目を投げたトモキも2死までとり3失点でした。
まあ、まずまずの復調ぶりでしょう。
あとをうけたユラが、コントロール良く投げたのも収穫です。
レイヤを含め6年生の投手陣は今後に期待です。

試合は終わってみると8失点。
低めの球が中途半端なワンバウンドになり、ワイルドピッチでそのほとんどを占める点を献上しています。
低めに行く球は悪くありませんが、質の良い低めの球を制球できるようになるともっと勝てるんじゃないかな。
IMG_1164
IMG_1167
IMG_1168
IMG_1171

■ 5月29日(日) 県民運動広場Bグランド
 1234567合計
旭ヶ丘・日滝クラブ0100  1
日野少年軟式野球クラブ11 15  8
トモキ、ユラーコウスケ、タカヒロ


交流戦とはいえ、一応「準優勝」です。
おめでとう。
image1

このページのトップヘ